本文へジャンプ

 1983年アメリカ南部バプテスト宣教団のマックス&フローラ・ラブ宣教師夫妻によって開拓伝道。立川キリスト教会が母教会となって日野市で家庭集会が始まる。1985年10月6日(日)午後4時 伝道所としての第一回目の礼拝を日野市旭が丘の陽光会館で行う。1986年4月、日野市神明4丁目の貸し店舗付き住宅(2棟)に移り伝道を続ける。同年5月、日野市フレンドシップセンターを併設。平日の伝道活動が始まる。副牧師住田令緒、(1994年辞任。2008年召天)。2年間のスタッフにローリー・マッカラム。クリスマスに伝道所初のバプテスマ式。1988年午前の礼拝が始まる。1994年ラブ宣教師帰米 (1997年マックス・ラブ師召天)。同年12月、現在の会堂を購入・改築(日野市神明2丁目)。 その後、30年の間に6代の牧師によって宣教・伝道・牧会の業が進められる。
松原宏樹牧師(1994〜1998)
加来剛希牧師(1998〜1999召天)
加来北利牧師(1999〜2002)
三木 暁牧師(2004〜2005)
篠原健治牧師(2006〜2012)
中島宣光牧師(2014〜2016)
大川博之牧師(2016
(2016年4月現在)

教会や聖書に興味をお持ちの方は是非一度お越し下さい。心から歓迎致します

立川バプテスト教会日野神明伝道所

日野神明バプテスト教会の紹介

 
 
日野神明キリスト教会